グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  診療のご案内

診療のご案内


このエントリーをはてなブックマークに追加

診療時間について

午前
8時30分~12時00分
午後
15時00分~18時30分
※初診受付は午後18時00分まで

休診日

  • 水・土曜午後
  • 日曜・祝日

診療科目について

整形外科・スポーツ整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・外科

リハビリ部門

運動器リハビリテーション施設基準(Ⅰ)、脳血管リハビリテーション施設基準(Ⅲ)の認定を受けており、物理療法による消炎・鎮痛処置に加えて理学療法士、鍼灸マッサージ師、アスレチックトレーナーによる各種運動療法(変形性関節症、腰痛予防、転倒予防など)には特に力を入れています。
また、併設する疾病予防運動施設ZEXIM(ゼクシム)ではプロ・アマ問わずアスリートのトータルサポートが可能です。
こんな症状の方は、
お早めにご来院ください。
肩こり、五十肩、腰痛、殿部・股関節痛、膝痛でお悩みの方
運動不足や障害により転倒しやすい方
スポーツ障害・外傷で復帰を希望される方

特別診(専門外来)のご案内

※完全予約制
専門外来 診療日
骨粗鬆症外来 毎週金曜日午前中
手の外科外来 毎月1回土曜日午後
※土曜日の外来は学会等の都合により変更することがあります。詳しくは院内掲示板にてご確認下さい。

超音波による新生児股関節検診

当クリニックでは2012年4月より、超音波検査での検診を行うようになりました。
生後4か月までの赤ちゃんの股関節は軟骨が多く超音波にとても適しており、またレントゲンでは写らない軟骨や軟部組織も描出が可能です(生後5か月を過ぎると軟骨が骨に置き換わって超音波での診断が難しくなります)。

超音波検査で正確に診断するためには赤ちゃんを側臥位(横向き)にして検査を行わなければなりませんが、専用のビーズクッション(写真)によりストレスなくスムースに行えます。股関節の開きを診る診察と組み合わせることにより簡単に侵襲がなく診断できるようになりました。
基本的に股関節の超音波検査は全員に行い、脱臼が疑わしい場合や生後4か月を過ぎて正確に診断ができない場合などにはレントゲン検査を行います。

なお、新生児股関節検診の特別枠(月~土曜の8:15~と月、木、金の14:45~)を設けておりますので、患者さんの少ない時間帯にお待たせすることなく診察を受けられます(もちろん予約なしでも随時対応可能です)。

ご希望の方は0537-24-7062でご予約をお願いいたします。