グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  院内設備のご案内

院内設備のご案内


このエントリーをはてなブックマークに追加

受付・待合室

受付・待合室は既存の施設を改装していますので、広くはありません。繁忙期には患者様にご迷惑をお掛けすることがありますが、スタッフ一同努力して参りますのでご理解をお願いいたします。

X線(レントゲン)撮影装置

当院では、FPD(フラットパネルディテクタ)を搭載した日立社製X線撮影装置を使用しています。FPDとは、被写体を透過したX線を検出器で受け取り、デジタル信号に変換し画像化する装置です。デジタルカメラに近い装置であり、短時間(約3秒)で撮影画像の確認が可能で被ばく量も低減しました。撮影室から移動する間に画像は診察室へ配信されますのでお待たせすることがありません。

骨密度測定器

2003年より骨粗鬆症の専門外来を行っております。
以前は前腕を使っての骨密度測定を行っていましたが、より正確な診断と治療効果の判定のため腰椎や股関節の骨密度が測定可能な全身用の測定器を2011年から導入しました。検査は寝台に仰向けになり、X線で骨密度を測定します。検査時間は10分間程度です。
リンクへ

超音波診断装置(エコー)

身体に害がない超音波の検査です。骨・筋肉・腱・靱帯などを映し出し、診断の補助をします。また、新生児股関節検診も超音波で検査しています。
リンクへ

クリニック内のリハビリ用設備について、設備の一部をご案内いたします。